かわいいスタンプと手作りグッズのお店「すたんぷえん」

トップ > スタンプで手作り生活 > スタンプの楽しみ方 > クリングスタンプの使い方

スタンプの楽しみ方

ラバーとクッションでできていて、持ち手のないタイプのスタンプ、
クリングスタンプの使い方をご紹介します。
メーカーによって若干仕様は異なりますが、使い方は同じです。
こちらではすたんぷえんオリジナルクリングスタンプでご説明しています。

クリングスタンプの使い方

クリングスタンプの使い方1

白い台紙のシートをはがします。
このシートはスタンプの保管に使うので、捨てたり、またカットしたりせず、そのまま残しておいてください。

クリングスタンプの使い方2

クッションの後ろは弱い粘着性があります。
そのままサイズのあったアクリルブロックに貼り付けます。
付箋やマスキングテープのような感じで、貼ったりはがしたりできます。
アクリルブロックは特に何もせず、そのままクリングスタンプを貼り付けるだけで大丈夫です。

クリングスタンプの使い方3

通常の木の台木のスタンプと同じようにインクをつけて押します。

クリングスタンプの使い方4

すたんぷえんオリジナルクリングスタンプ・英文背景はそのままATCやカードのバックグラウンドにピッタリです。

クリングスタンプの使い方5

クリングスタンプはカットしても使えます。フレーズごとにハサミでカットします。
このスタンプはそのままでもカットしてもどちらでも使えるスタンプですが、
絵柄によってはすべて自分で切り離して使うものもあります。
ハサミはクラフト用のハサミを使うと切りやすいです。
絵柄の部分を切らないように注意してください。

クリングスタンプの使い方6

周りの余分なゴムの部分もカットします。
大きいままで使う場合も、絵柄に合わせて周りの余分なゴムをカットすると、
余分なところにインクがつかずに使いやすくなります。

クリングスタンプの使い方7

フレーズごとに使うと、タイトルやセンチメントとしても使えます。
この写真では、茶色で全体的に色を付けた後、大文字の部分だけピンクのインクをつけています。

クリングスタンプの使い方8

使い終わったら、最初についていた白いシートにつけて保管します。
クッションに粘着性があるので、ちゃんと貼り付けることができます。

フレーズごとにカットしても、大きいアクリルブロックに並べてスタンプすれば、
また背景のように使えますし、自分の好きなレイアウトに並べることが出来ます。
アクリルブロックの上で他のクリングスタンプと組み合わせて使うこともできます。

しまうときには、ちゃんとスタンプをクリーニングしておいてくださいね。

メーカーによっては同じデザインをウッドとクリングの両方で出しているところがあります。
台木がない分、クリングの方がお手頃な価格になりますし、
セットものなどでは一つ一つウッドで買うよりとてもお得なお値段になっていることが多いです。
また、保管の時に省スペースになる、ウッドよりも押すところが分かりやすい、などの利点があります。

ウッドのスタンプはアクリルブロックにつける必要がない、インデックスがあってわかりやすい、
押しやすい、 という点で優れています。お好みで使い分けてくださいね♪


関連ページ:すたんぷえんオリジナルクリングスタンプ売場/アクリルブロック売場

上へ 

スタンプの楽しみ方・基本

スタンプで手作り生活